FXIM

固定pips制(ユロドル2pips)最大レバレッジ500倍
両建て・1000通貨取引可能な新興ブローカー

FXIM キャッシュバック

FXIMはルクセンブルグに本拠を置く新興ブローカー。日本人スタッフが所属しており、公式HPにおける日本語表記のネイティブさ加減で言えば恐らく海外ブローカーNo.1(というか明らかに日本人が書いている)。昨年10月頃より運営を開始し、立ち上げ当初は「全通貨1pips固定キャンペーン」なるオープンキャンペーンを行い、一部海外FXマニアの間で話題を呼んだ。

マイナー通貨も3-4pips固定/入金手数料500円+αは驚異的なのだが・・・

FXIMの真価はマイナー通貨のスプレッドの狭さにあるだろう(スプレッド表をクリックで拡大)。

ドルカナ・ユロスイ・オジスイも3pips固定と、この辺りはヘタな変動pips制ブローカーよりもむしろ狭いくらいだ。マイナーペアを取引する機会の多い方にとっては大きな魅力だろう。

しかし、こうした表向きのスプレッドの狭さとは裏腹に不自然な約定(ストップ狩りや提示されていないレートでの約定)が発生したという報告も少なくない。固定pips制ブローカーでは注文が蹴られる(いわゆるオフクォート。約定拒否。)ことはある程度は許容しなくてはならず、むしろ「固定pips制を厳守するためにオフクォートせざるをえない」といった側面があるのだが、「提示とかけ離れたレートで約定する可能性のある固定スプレッド」となると随分話は変わってくる(むしろ固定スプレッドと呼べないかもしれない)。

とはいえ、すべての約定がそうでは無いので、当サイト的には積極的にはオススメしないがマイナー通貨の低スプをどうにか使いこなしてやろうという気概のある方はチャレンジしてみてもいいかもしれない。

また、入金は日本円10万円以上で手数料は500円+為替両替手数料と大変良心的。日本円で入金できるものの残念ながら現在のところはドル建て口座のみの対応となっている。スプレッドや手数料周りのスペック面だけ見ると大化けしそうな可能性を秘めているだけに少しもったいない。

なお、11月のキャンペーンとして銀行口座・デビットカード無料サポートキャンペーンを実施。キャンペーン期間:11月1日~11月30日。内容は下記の通り。

キャンペーン期間内にFX口座へ新規入金が$1,000以上のご入金で銀行口座・カード開設サポート費用、通常$300が無料となります。I-Accountお申込の際に、FX口座へ$1,000以上振り込みをした旨を伝えて頂き、確認がとれた時点で開設から開設後まで無料でサポートを受けることができます。

1000ドル以上入金すればニュージーランドの『Lidyarich Financial Group社』という銀行口座の開設とデビットカードの取得代行を受けられるというもの。この銀行、ググってみると日本語のページばかりHITするところが気になります。