ThinkForex

think口座開設はこちら

安心の日本語サポート。 約定力とスプレッドに定評のある ThinkForex

ThinkForexはホームページこそ英語表記ですが、口座開設はもちろん、取引ツールの使用法から入出金に至るまで日本語に完全対応。ご利用方法等で何かお困りの場合には、日本人スタッフがメール、チャット、電話等のあらゆる手段でサポートしてくれます。

NDD(ノンディーリングデスク)方式で透明性の高いトレードが行えます。スプレッドも狭く、約定力も抜群です。

⇒関連記事:ThinkForexの口座開設手順

ThinkForexで実戦!もしかして最強クラス?

ThinkForexで実戦開始。実際、トレードしないとわかりませんからね。
まず、1枚ポジションを。早いサクっときまる。ECN系だったのですね知りませんでした。
しかし手数料はなし。最近(20011/11)では一番早い業者かも。(※手数料なしの業者の中では)
ではスプレッドは?狭い!ちょっと、適当に考えていましたがThinkForexさん。
ロスカットはわりとはやい50%くらいですか。
今、早朝ですがスプレッドユーロドルは1.4(日本時間6:15)

ちょっとおすすめの順位考えないと。
本格的にこの業者調べますね。
入出金、ハイレバまでしないとおすすめできません。まだ実戦データ不足。

ThinkForexは選べる2つの口座タイプ。円建て口座開設可能。

ThinkForexでは「MT4Standard」「MT4Pro」という2つの口座タイプが用意されておりそれぞれ円建て口座に対応しています。

「MT4」は文字通りMT4を使ってトレードを行います。MT4を介してカリネックスに接続する方式はHotForexと同じですね。この方式をThinkForexでは「CurreneX Direct Feed」と呼んでいます。

「MT4Standard」「MT4Pro」の違いは、Standardが取引手数料無料、Proが1ロット(10枚)8ドル。Proの方がスプレッドは狭く設定されてますので、手数料込みの実質スプレッドはどちらも同じくらいになります。また最大レバレッジもStandardは200倍、Proは100倍。最小ロットもStandardは1000通貨、Proは10000通貨、など微妙に異なります。総合的には「MT4Standard」を選ぶのが無難かもしれません。

ThinkForexのサービスはEA派歓喜!VPSの無償提供あり。

大きな特徴として、ThinkForexでは、自動売買をご利用のお客さまに、EAの稼働環境としてVPS(バーチャルプライベートサーバー)を無料で提供してもらえます。指数トレードやスキャルピング系のEAを利用する方には最適な環境ではないでしょうか。
2011/11 時点では$2500の入金でVPS提供と言われました。